<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 名古屋市瑞穂区で、ご近所の建て替え工事は基礎の墨付け&配管作業です! | main | 名古屋市瑞穂区で、ご近所の建て替え工事は浴室先行土間打ちです! >>

2018.06.09 Saturday

名古屋市瑞穂区で、ご近所の建て替え工事は基礎配筋しました!

人気ブログランキングに参加しています!
皆さんのご声援があるから毎日頑張れます!

今日もポチッと押してくださいね!



季節はずれの台風が近づいています。

日曜日と月曜日は雨に気をつけたいですね!




皆さん、こんにちは!

愛知県名古屋市瑞穂区夏涼しく、雪冬暖かい外張り断熱』
『木の家』を自由設計で設計施工している
サイエンスホーム名古屋瑞穂展示場・蠹瀑建設の
冬頭(ふゆとう)
です。



さて工事のほうは基礎の配筋が終わりました!

 

 

 

 

いつもながら基礎屋さんのきれいな配筋には惚れ惚れしますね。

仕事には性格が出ますからね。

丁寧な人は何処までいっても丁寧、雑な人は雑さが直らないものです。
 

 

 

今回の基礎はスラブ基礎(逆ベタ基礎とも言います。)なので、下の図のように

基礎の天端は平らにして、コンクリートを一面に打つことでベタ基礎より

立ち上がりがない分強度があるともいわれています。

 

 

下の図の下段がベタ基礎ですから逆になっているのが

良くわかりますよね。

でもベタ基礎が弱い基礎ではありませんよ。

ベタ基礎でもしっかりと鉄筋を組んでおけば

十分に強度はありますので大丈夫です。

 

 

 

 

あと、スラブ基礎でも浴室周りは下に下げないといけないので一段下がっています。

現在ではユニットバスなのでタイルが割れて水が漏れることは無いのですが

経年劣化で給湯器の追い炊き配管のジョイント部分から漏れることもあるため

洗面室の下も点検用に覗けるように下げています。

 

 

 

 

このへこんでいる部分は8寸角(24cm角)の大黒柱が来る部分です。

家の荷重がかかるために鉄筋も補強します。

 



 

 

 

鉄筋は4mや5mの長さのものを使うのですが、全体を1本ではまかなえられないため

下のように重ねてつなぐのです。

基礎の鉄筋を組むにも色々な決まりがありまして、鉄筋をつなぐのを『継手』と言って

重ねる長さは40dという決まりがあります。dは鉄筋の太さなので今回は13ミリですから

40dは520ミリ(52cm)必要となります。

また鉄筋を並べる間隔を『ピッチ』といって、これは200ミリ(20cm)と決まっています。

 

あと上の写真で鉄筋が立っていますが、これはコンクリートを打ち込む高さです。

基本は160ミリ(16cm)になります。

基礎の底面は鉄筋の周りに60ミリ(6cm)以上のコンクリートがないと

強度が出ないとなっているのです。

 

ですからこの↓『さいころ』と呼ばれるコンクリート片を鉄筋の下に入れて

コンクリートの厚みを確保します。

このさいころは基本的に一片が6cm、5cm、4cmと違っていて

それぞれの使い道によってコンクリートの厚さが変るようになっています。

 

 

 

そして最後に基礎の下に敷いてあるビニールフィルムを見てください!

こんなに水滴が付いていますが、このフィルムで床下に湿気が上がってくるのを

シャットアウトするんですよ!

 

このビニールもポリエチレンフィルムで厚さは0.15ミリ、重ねは150ミリ(15cm)

必要という決まりも守ります!

 

 

 

 

さあ、次はコンクリートの打設です。

 

 

 

 

 

 


今日もブログも読んでいただき、感謝しています。
もしよろしければ、お友達にも教えてあげてくださいね。おじぎ



「あっ、最初にボタン押すの忘れとった・・・」や
「あれっ最初に押したかどうか忘れちゃった・・・

安心してください。ここにもボタンがありますもう一回押してね〜!

コメント
コメントする









http://www.fuyuto.net/ 冬頭建設の注文住宅冬頭建設のモデルハウス宿泊体験 株式会社冬頭建設
名古屋市瑞穂区片坂町1-11
TEL :0120-4188-25 冬頭建設へのお問合わせ
大きな地図で見る




NEW ENTRY

CATEGORY

ARCHIVE

profile

株式会社冬頭建設
名古屋市瑞穂区片坂町1-11
TEL :0120-4188-25
http://www.fuyuto.net/