<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 【名古屋市瑞穂区】街中ロッジテイストの木の家 地盤調査からの地鎮祭! | main | 名古屋市瑞穂区で、ご近所の建て替え工事は基礎配筋しました! >>

2018.06.06 Wednesday

名古屋市瑞穂区で、ご近所の建て替え工事は基礎の墨付け&配管作業です!

人気ブログランキングに参加しています!
皆さんのご声援があるから毎日頑張れます!

今日もポチッと押してくださいね!




ついに東海地方も梅雨に入ってしまいました。
今日は今投稿しているA様の上棟予定でしたが
金曜日に順延です。

でも雨が降るのは「降り込む」っていって
縁起がいいので、まあ良しとしましょう!

いっぱい福やお金が振り込むといいですね!





皆さん、こんにちは!

愛知県名古屋市瑞穂区夏涼しく、雪冬暖かい外張り断熱』
『木の家』を自由設計で設計施工している
サイエンスホーム名古屋瑞穂展示場・蠹瀑建設の
頭(ふゆとう)です。





さて前の日に打ち込んだコンクリートも乾きました。

基礎の周りに木が囲っていますが、これを建築専門用語で『遣り方(やりかた)』といいます。
境界から建物を離す距離や柱が通るラインを出したりします。

黄色い糸が通っているの解ります?  ↑ココです

コレが建物の外周の柱芯(柱の真ん中)になりますね。



糸は空中にあるのでこれを下の捨てコンの上に垂直に落としていきます。
こうすることで、柱の真ん中が何処に来るのかわかりますよね。

写真を撮ったのが少し斜めでしたので、糸と墨がずれてます・・・汗
実際はちゃんとそろっていますから、ご安心を!




この時点で給排水の配管もしておくんです。

長期優良住宅などは配管は埋め込みませんが、今回は長期優良は使いませんので
コストダウンで逆スラブ基礎ですから配管は埋まってしまいます。

 

逆スラブ基礎はこんな感じになります。

僕は安くて丈夫ですし、床下がないので寒さも防げて好きな基礎なんです。

 

 

 

配水管は水圧がかかっていませんので、漏れたりする事例はほとんどありませんから
入れ替えるという作業は何十年も無いので大丈夫です。

しかし給水・給湯管は水圧の関係で、水漏れ事故も起きますから、
今ではさや管方式というシステムで配管します。 ↓これです。

青色の配管の中に、もう一つ配管が通っていますので、万が一水が漏れても
中の配管を抜き差しして新しいものと交換することができます。


私の自宅は17年前に作ったので、このさや管方式は当時では金額が高くて採用できませんでした。

案の定、5年ほど前に壁の中で給湯管のジョイントから漏れて大変でした・・・。
 

 

 

配管を入れるときに、このように捨てコンクリートを割りますが、

このコンクリートは位置の墨を出すためなので、強度はないから大丈夫ですよ。

今度は重要な鉄筋組工事に入ります!
 

 

 

 



今日もブログも読んでいただき、感謝しています。
もしよろしければ、お友達にも教えてあげてくださいね。おじぎ



「あっ、最初にボタン押すの忘れとった・・・」や
「あれっ最初に押したかどうか忘れちゃった・・・

安心してください。ここにもボタンがありますもう一回押してね〜!

コメント
コメントする









http://www.fuyuto.net/ 冬頭建設の注文住宅冬頭建設のモデルハウス宿泊体験 株式会社冬頭建設
名古屋市瑞穂区片坂町1-11
TEL :0120-4188-25 冬頭建設へのお問合わせ
大きな地図で見る




NEW ENTRY

CATEGORY

ARCHIVE

profile

株式会社冬頭建設
名古屋市瑞穂区片坂町1-11
TEL :0120-4188-25
http://www.fuyuto.net/