<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< O様邸 地盤改良工事でビックリなことが! 前編 | main | K・A様邸 階段できました〜! >>

2017.03.07 Tuesday

O様邸 地盤改良工事でビックリなことが! 後編

人気ブログランキングに参加しています!
皆さんのご声援があるから毎日頑張れます!

今日もポチッと押してくださいね!



寒の戻りで寒いですよね。

先日、娘が北陸に旅行に行ったのですが

吹雪になったので予定を早め帰ってきたそうです。




皆さん、こんにちは!

愛知県名古屋市瑞穂区夏涼しく、雪冬暖かい外張り断熱』
『木の家』を自由設計で設計施工している
サイエンスホーム名古屋瑞穂展示場・蠹瀑建設の
冬頭(ふゆとう)
です。
 

 

 

 

 

さてO様邸の地盤改良工事の続きですが、ドリル付きの重機で

地盤に穴を掘ります。

 

 

 

 

固い地盤まで掘り進んだら、一度ドリルを抜きます。

 

 

 

 

 

ドリルを抜いていくと、先端の方には泥のような土がついています・・・。

えっ、先端は完全に水に濡れてるじゃん!・・・

 

 

 

 

 

恐る恐るあけた穴を見下ろすと・・・

なんじゃこりゃ〜!ドロドロじゃん!!

上ここは太陽にほえろの松田優作調で叫んでください!)

例えが昭和ですな・・・40代以上しかわからんね・・・

 

 

 

 

作業員のカルロスさんが見守る中、次の場所も掘ってみます。

まあ、先ほどの場所がたまたま泥が溜まっていた場所だったのかも

しれませんからねえ。他の場所は固いのかもね。

 

 

 

 

次の場所もドリルを抜くと、「いや〜ん!」

またもや泥交じりの土が・・・しかも今度は黒い色の土もついてる・・・。

 

 

 

 

ドリルの先を接近して映してみると、こりゃ完全に泥・・・

一目で見て、先ほどより柔らかそうな土ですね。

 

 

 

案の定、次の穴にも水が溜まった泥が見えます。

地面の下にこんな泥交じりの柔らかい地層があるなんて

見た目には全くわかりませんよね。

 

宅地になっているときはこんな感じですから。

 

 

 

穴を掘った部分にセメント系の固化剤を入れてから、圧力をかけて締固め

筒状の固い層で地盤改良が終了です。

改良中は写真が撮れませんでしたので、改良後の状態です。

 

 

 

 

基礎が盛り上がる部分で柱の立つ部分は、このように盛り上げます。

 

 

基礎の外周で梁になる部分は設計地盤(GL)より少し下がって仕上がります。

 

 

 

こうすることにいより、不動沈下を抑えて家が傾くのを防ぎます。

 

地盤改良は地震に免責ですが、過去の震災では地盤改良をした建物は被害が少ないので

東海地震が来ると言われている東海地方でも、少しは安心出来ますよね。

 

東日本大震災でも、東京ディズニーランドの建物は地盤改良していて被害が少なかったのですが

駐車場は全て液状化で砂まみれになっていました。

 

 

現在はどこの建築業者さんで建てても、地盤調査は必須となっていますので

安心して建築してください。

 

改良業者さんも小さな会社でも、真面目で優良な会社さんを

建築業さんが選定しています。

 

 

さあ、次は基礎工事です!

 

 

 



今日もブログも読んでいただき、感謝しています。
もしよろしければ、お友達にも教えてあげてくださいね。おじぎ



「あっ、最初にボタン押すの忘れとった・・・」や
「あれっ最初に押したかどうか忘れちゃった・・・

安心してください。ここにもボタンがありますもう一回押してね〜!

コメント
コメントする









http://www.fuyuto.net/ 冬頭建設の注文住宅冬頭建設のモデルハウス宿泊体験 株式会社冬頭建設
名古屋市瑞穂区片坂町1-11
TEL :0120-4188-25 冬頭建設へのお問合わせ
大きな地図で見る




NEW ENTRY

CATEGORY

ARCHIVE

profile

株式会社冬頭建設
名古屋市瑞穂区片坂町1-11
TEL :0120-4188-25
http://www.fuyuto.net/