<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< H様邸、基礎工事は順調です! 後編 | main | O様邸 地盤改良工事でビックリなことが! 後編 >>

2017.03.06 Monday

O様邸 地盤改良工事でビックリなことが! 前編

人気ブログランキングに参加しています!
皆さんのご声援があるから毎日頑張れます!

今日もポチッと押してくださいね!



最近の私のブログでは前編、後編ばかりが多いのですが

決してマイブームではありません・・・(笑)




皆さん、こんにちは!

愛知県名古屋市瑞穂区夏涼しく、雪冬暖かい外張り断熱』
『木の家』を自由設計で設計施工している
サイエンスホーム名古屋瑞穂展示場・蠹瀑建設の
冬頭(ふゆとう)
です。
 

 

 

さて、今回H様邸に続いてO様邸も着工となります。

建築前はこんな感じです。

地表だけ見ると、決して地盤が悪いと思いませんよねえ。

この場所は会社の近くなので、子供の時から遊んでいた場所です。

昔は畑だったはずですが、江戸時代にはこの付近に池か小川があったという

文献も残っているそうです。

 

 

改良に使うセメントを業者さんが持ってきました。

 

 

 

 

 

袋の中にはセメントとは少し色の違う粉が入っています。

 

 

 

セメント系の固化材ですが、水がなくても機械で圧縮すると強度が出るそうです。

もちろん水分を含んでも固まるので軟弱地盤にも使えるそうです。

 

 

 

 

 

 

住宅の柱が立つ場所にこのようなドリルで穴をあけて、先ほどの固化材を入れて

突き固めるのが、柱状改良と呼ばれる改良方法です。

 

 

 

 

このような重機でドリルを地盤にねじ込みます!

 

 

 

 

 

隣地を汚さないようにブルーシートで養生しながら掘り進みます。

こちらは作業員のカルロスさん。

ペルーから就労ビザで働きに来ているそうです。

スペイン語しか話せないので、冬頭とコミュニケーションはできません。(笑)

 

ちなみに冬頭は英語も片言・・・名古屋弁だけだがね!

 

 

 

このドリルは支持地盤まで届く長さの物を持ってくるそうです。

今回の場合は4mほどの杭を作るので、ドリルも4mの長さがあります。

 

穴が開くと、この地盤の中が見れるのですが、

ビックリするような状況に驚きました!

 

 

続きは次回のこのブログで!

お楽しみにー!

 

 

 




今日もブログも読んでいただき、感謝しています。
もしよろしければ、お友達にも教えてあげてくださいね。おじぎ



「あっ、最初にボタン押すの忘れとった・・・」や
「あれっ最初に押したかどうか忘れちゃった・・・

安心してください。ここにもボタンがありますもう一回押してね〜!

コメント
コメントする









http://www.fuyuto.net/ 冬頭建設の注文住宅冬頭建設のモデルハウス宿泊体験 株式会社冬頭建設
名古屋市瑞穂区片坂町1-11
TEL :0120-4188-25 冬頭建設へのお問合わせ
大きな地図で見る




NEW ENTRY

CATEGORY

ARCHIVE

profile

株式会社冬頭建設
名古屋市瑞穂区片坂町1-11
TEL :0120-4188-25
http://www.fuyuto.net/