<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【北名古屋市】平屋で暮らすのんびりStyleの木の家 タイルをDIY!? | main | 名古屋市瑞穂区で、ご近所の建て替え工事は外部下地完了です! >>

2018.07.05 Thursday

名古屋市瑞穂区で、ご近所の建て替え工事は外部雨仕舞いしています!

人気ブログランキングに参加しています!
皆さんのご声援があるから毎日頑張れます!

今日もポチッと押してくださいね!


 

 

雨は強くないですが、シトシトとよく降りますね。

これが梅雨なんですけどねえ。




皆さん、こんにちは!

愛知県名古屋市瑞穂区夏涼しく、雪冬暖かい外張り断熱』
『木の家』を自由設計で設計施工している
サイエンスホーム名古屋瑞穂展示場・蠹瀑建設の
冬頭(ふゆとう)
です。
 

 

 



さて新築の工事は上棟が終わると、先ずは外部から施工します。
このように雨が降っても内部が濡れないですし、大工さんの
仕事も進めることができるからです。



ご近所での建て替え工事も、梅雨入りしてからはあまり降らなかったので
外部から納めることができました!

銀色にみえるのが発泡ウレタン断熱材です。


釘で仮止めしていますが、この後に木と専用のビスでしっかりと留め付けます。

黒いテープは気密テープと言って隙間から空気が漏れないように
全てのジョイントに貼ります。

コーナー部分のグレーっぽいテープも同じ種類のものです。
幅広なのでアスファルト系のテープです。




表面の銀色の部分は防水しになっているのでこれで雨が進入することはありません。
   この辺に水滴が写っているの解ります?↓

丸いのは換気扇のパイプですが、この周りも気密性を高めるため
コーキングでたっぷりと埋めます。



このように小さい穴はテープだけで済ます場合もあります。

もちろんテープの中にはコーキングを打った上で貼ります。

これは給湯器の配管と配線なのですが、木が打ってあるのはパイプが動かないためでしょう。

 

器具を取り付ける場所には、下地の木をたくさん打つんですよ!

 

 

そして防水で最も大切な部分はサッシ周りです。

このようにテープを二重にも三重にも張ります。

 

 

雨漏りの御三家は『屋根』『バルコニー』『サッシ』なんですが、

私たちがリフォームで他社で建てたお家にいくと、屋根の雨漏れは

何となく原因がわかって直せるのですが、サッシ周りはなかなか解らないの・・・。

ですから、ココまでやっておけば100%といっていいほど雨漏れはしません。

外貼り断熱工事を何十件もやってきていますが、雨漏れが1件も無いのが自慢です!

 

いや〜、それほどでもぉ〜!(←ココはクレヨンしんちゃん調で)



屋根も現在はガルバリュウム鋼板で葺くのがほとんどです。

ガルバリュウムで屋根を施工するのはメリットだらけ!

1.軽いので地震に強い!

2.錆びにくい!(私が25歳くらいの時に新発売された。その時は40年保証していた!)

3.隙間が少ないので暴風雨でも雨漏りに強い!

4.隙間が少ないということは、おととしに起きた糸魚川大火のような火の粉が

  飛んできても延焼しにくい!

糸魚川の大火は強い風で飛んだ火の粉が、瓦屋根の隙間から中へ入って

延焼した家がたくさんありました。

もちろん屋根だけでなく壁からの延焼も多かったです。

 

 

 

昔使っていた外壁材は鉄板でしたのでよく錆びましたが、ガルバリュウム鋼板は

表面をアルミと亜鉛の合金で作られています。

 

もちろん車のボンネットのように夏は表面が熱くなります。

 

 

 

でも外張り断熱の家は屋根材の下に高性能なウレタン断熱材があるので

熱を下まで伝えにくいのです。

 

写真が暗くて少し解りづらくてすみません。

ウレタン断熱材は冷蔵庫やクーラーボックスにも使われています。

 

真夏の釣りで、炎天下でもクーラーボックスの氷が解けないのは、

ウレタン断熱材のおかげなんです!

 

 

 

さあ、外は外部のガルバが張り終えたら終わりです!

もう一息です。

 

 



今日もブログも読んでいただき、感謝しています。
もしよろしければ、お友達にも教えてあげてくださいね。おじぎ



「あっ、最初にボタン押すの忘れとった・・・」や
「あれっ最初に押したかどうか忘れちゃった・・・

安心してください。ここにもボタンがありますもう一回押してね〜!

コメント
コメントする









http://www.fuyuto.net/ 冬頭建設の注文住宅冬頭建設のモデルハウス宿泊体験 株式会社冬頭建設
名古屋市瑞穂区片坂町1-11
TEL :0120-4188-25 冬頭建設へのお問合わせ
大きな地図で見る




NEW ENTRY

CATEGORY

ARCHIVE

profile

株式会社冬頭建設
名古屋市瑞穂区片坂町1-11
TEL :0120-4188-25
http://www.fuyuto.net/